桐のロックグラス ME MAMORU

¥11,000

税込

在庫残り2個!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
通常はラッピングなしのお届けになります。
ギフトとしてご購入の方は必ず
>ラッピング(無料)
をお選びください。

>送料・決済方法について
>メッセージカードについて
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■素材:天然木(桐)
■サイズ:
高さ72×直径74mm
飲み口の薄さ1mm
■重さ:23.4g

ブランド:ME MAMORU

Made in Japan(和歌山)

 小学館・プレシャス(Precious.jp)で掲載されました。

futoがお伝えするオリジナルのギフトストーリー

桐は日本国内でとれる木材としては最も軽く、湿気を通さず、割れにくいなどの特徴があることから、下駄や箪笥(たんす)、和楽器などの材料として重用されてきました。日本では古来より、「桐花紋」「桐紋」は高貴な紋章としても使われてきました。
紀州、和歌山県で120年以上にわたり高級家具の代名詞でもある桐箪笥を製造してきた「家具のあづま」。5代目となる伝統工芸士、東福太郎(あずま・ふくたろう)さんは、現代の生活に適合させた桐製品を制作しています。2017年には桐製品の新ブランド「AZ(Active Zone)」を立ち上げました。

東福太郎さんは『LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2017』で“注目の匠”に選ばれました。また、同ブランドの製品は、世界有数のインテリア・トレンドの発信源、パリで開催されている「メゾン・エ・オブジェ」にも出展されています。
AZの桐のロックグラスは桐の加工では不可能とされた厚さ1mmの切削に成功。また桐本来の「軽さ」をいかした、重さがたった約23.4gの超軽量グラスです。始皇帝が活躍した秦の時代、泰平の世が訪れると姿を現す鳳凰(ほうおう)は、桐を寝床としていたとの伝説があります。何度もよみがえる不死鳥・鳳凰のように「何度転んでも起き上がる」=起き上がり小法師(こぼし)の形状となっています。

futoのおすすめポイント

商品が収められたケースの蓋を裏返すとコースターになります。飲み口が薄いので、他の容器では味わえない、最高の口あたりを楽しむことができます。ピーマン1個よりも軽い驚きの軽さ。熱いお茶の容器としてもご使用できます。

最近見た商品