桐の茶器 ME MAMORU

¥7,150

税込

在庫残り2個!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
通常はラッピングなしのお届けになります。
ギフトとしてご購入の方は必ず
>ラッピング(無料)
をお選びください。

>送料・決済方法について
>メッセージカードについて
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■カラー:ナチュラル/柿渋オレンジ
■素材:天然木(桐)
■サイズ:直径70×高さ78mm

ブランド:ME MAMORU

Made in Japan

futoがお伝えするオリジナルのギフトストーリー

桐は日本国内でとれる木材としては最も軽く、湿気を通さず、割れにくいなどの特徴があることから、下駄や箪笥(たんす)、和楽器などの材料として重用されてきました。日本では古来より、「桐花紋」「桐紋」は高貴な紋章としても使われてきました。
紀州、和歌山県で120年以上にわたり高級家具の代名詞でもある桐箪笥を製造してきた「家具のあづま」。5代目となる伝統工芸士、東福太郎(あずま・ふくたろう)さんは、現代の生活に適合させた桐製品を制作しています。2017年桐製品の新ブランド「AZ(Active Zone)」を立ち上げ、そして2020年「桐と見守る、私たちの暮らし」として桐のライフスタイルブランド『ME MAMORU』をリリースしました。

世界も認めた伝統の技術

東福太郎さんは『LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2017』で“注目の匠”に選ばれました。また、同ブランドの製品は、世界有数のインテリア・トレンドの発信源、パリで開催されている「メゾン・エ・オブジェ」にも出展されています。その際、世界的にも有名なラグジュアリーブランドがクオリティの高さに惚れ込んだ、世界が認めた逸品です。
桐の茶の器は、桐の加工では不可能とされた厚さ1mmの切削に成功。なんと驚きの約25gの超軽量グラスです。また、木のぬくもりも感じながらもモダンなデザインで、独特のアールを表現し、持ちやすさも追及しています。桐の特徴である熱伝導率の低さ(熱くなりにくく冷めにくい)で、冷たいお茶やお酒はもちろん、熱いお茶の容器としてご使用いただけます。

futoのおすすめポイント

桐の木をくり抜いて作られた厚さ1mmのグラス。飲み口が薄いので他の容器では味わえない滑らかな口当たりです。「おうち飲み」がもっと満たされる時間になる。父の日やこだわりの男性への贈り物などにも喜ばれるアイテムです。

最近見た商品