futo Salon vol.4を開催しました。

2017.8.27
futo Salon vol.4を開催しました。

第4回目のfuto Salonは夏休み最後の日曜日の午後、クラシックギターとフルートを聴きながら、スペイン南部アンダルシア地方を旅する演奏会を企画しました。
ゲストはDuo KaM MusiK。
スペイン在住の竹内敬子さん(フルート)と高木真介さん(ギター)のお二人をお迎えしました。

futoがスタートして、8月で1周年。高木さんもギターリストになって30周年という記念すべき年となりましたので東京、代官山にありますヒルサイドバンケットでSalonのような楽しい演奏会となりました。

親子だったり、兄弟、ご夫婦、お友達同士など、いつものfuto Salonとはまた違ったお客様が80名も参加してくださいました。

第1部はスペインの情景
着席でスペインクラッシック音楽をじっくり聞いていただきました。

そして、1部が終ったあとスペイン産にこだわったワインやサングリア、タパスなどを召し上がっていただきました。

今回、futoの1周年を記念してイタリア・ボルゴノーヴォ社のワイングラス、ウィーン135にfutoのロゴを入れました。

とろりとした厚手の飲み口や、しっとりと手に馴染む大きさ。このグラスで飲むワインは本当に美味しいのです。

皆様にこのグラスで飲み物を楽しんでもらいそのままお土産としてお持ち帰りいただきました。

カウンターにはプロのバーテンダーにも入っていただき、バーさながらの盛り上がりでした。

futoのアイテムをご紹介するコーナーはなんとすべてプレゼント。
皆様にジャンケンゲームに参加いただきました。

最初は育てるタオルのfeelをバスタオル、フェイスタオル、プチフェイスタオルを3点セットにして。ジャンケンゲームは大盛り上がり、ゲットしてくださったお客様は記念撮影。

可愛い帯留や、カフリンクスを作って頂いているベネチアンガラスのミルフィオリスト、NUNOKAMIさんにお話をいただいたり、

3回目のfuto Salonでお世話になったナガエプリュスの代表 鶴本さんにもマッサージツール、コリネットの使い方をお話いただきました。

これからfutoに仲間入りするアイテムも含めて、全部で10アイテムをプレゼントさせていただきました。

第2部は アンダルシアのセレナーデ

アンダルシアの映像を映しながら、楽しいトークも交えてリラックスした雰囲気の演奏でした。

あっという間に終わりの時間が来てしまい、大幅に押してしまったことで、
futoのお買い物タイムはできなくなりました。

ごめんなさい。また、サイトでお買い物してくださいね。

今回は、初めての演奏会で慣れないことばかり。周りの友人にたくさん手伝っていただき、無事終わることが出来ました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
そして、素敵な演奏をしてくださった竹内敬子さん、高木真介さんありがとうございました。

futoはこれから2年目に入ります。
益々、皆様に喜んでいただけるもの、こと、ひとを提案してまいりますのでこれからもよろしくお願いいたします。

河井真奈
(写真/中田陽子)