おすすめギフトの「生まれ」と「育ち」

大切な人に差し上げたいのは、想いを込めて生み出されたモノたち。
笑顔を運ぶ、サプライズになる、あなたをもっと印象づける——
そんな、「futo」が厳選したおすすめギフトの背景をご紹介します。

イタリアと日本の感性が融合した
心躍る、色鮮やかなベネチアンガラス クラフト

15世紀からベネチアのムラーノ島に伝わる繊細で可憐なガラス伝統工芸「ミルフィオリ」は、金太郎飴のようにどこをカットしても同じ柄が出てくる棒ガラスのことを言います。

「ミルフィオリ」とはイタリア語で「千の花」という意味で、花が咲いたような鮮やかで美しい色彩はまるでお菓子のように愛らしく、ムラーノ島のガラス職人がひとつひとつ手作業で製作しています。

ベネチアにしか存在しないガラスやミルフィオリを取り寄せて、日本人の和の感性を融合させ自由自在に製作を楽しんでいるミルフィオリストのNUNOKAMIさんに出逢いました。

NUNOKAMIさんは、エフェトレ社のモレッティというベネチア生まれのガラスやミルフィオリを組み合わせて、フュージング技法でアクセサリーを作っています。

これは板ガラスの上に棒ガラスやミルフィオリを組み合わせて、800度の電気炉で焼き、ゆっくり溶かし、そしてゆっくり冷やしていきます。その時々で溶け方が違うのでいろいろな表情のガラスが仕上がります。 泡のように見える気泡や歪みなどもフュージングならではの仕上がりで、同じデザインでも全く同じものは作ることが出来ず、すべて世界で唯一無二のものとなります。 NUNOKAMIさんは「製作に入ると無心になり時間を忘れてしまうほど。出来上がった作品はひとつひとつ自分が生み出した子供の様に愛着があります」と言います。

自宅の工房には色鮮やかなベネチアンガラスが所狭しと並べられていてNUNOKAMIさんによって選ばれるのを待っているかのようです。

futo_2_glass_9今回、futoでギフトにお勧めしたいアイテムをオリジナルで作って頂くことになりました。
お願いしたい色やイメージはお伝えしたものの、ミルフィオリがどういう風に焼きあがって来るかは想像がつきません。ワクワク、ドキドキしながら待ちました。

出来上がった作品をみて思わず「可愛い。素敵」と叫んでしまいました。
桐の箱に入れて、京都のシルクの組みひもで結びました。
素敵なベネチアンガラスのアイテムをどうぞ思う人へお届けください。

 

写真/HIJIKA 文/河井真奈